August 19, 2016

Teeth girl Goat Helen ate her...

One day Helen found a white grass field

Helen liked this grass very much and she was a big eater and known as known as the teeth girl.

Helen had full stomach and then licked may face so ended up eating her won beard.

Helen was not bothered by this and said,”I don’t need beard because I`m a Lady! I will be popular with the men and bear many children.

| | Comments (0)

Teeth girl Goat Helen fight Pigeon

Helen saw the sunflower in the garden.

At the end of the summer the sunflower heads off and hold many seeds.

Helen likes sunflower seeds.

Helen waitng to see them drop off from the sunflower.

One day a pigeon flying in the garden found the sunflower in the garden, so pigeon ate the sunflower seeds every. day.

Helen thought they were all eaten by the pigeon.

Helen throw tried to mall stones at he pigeon, but it could not because Helens hooves have only two fingers and she couldn`t hold the small stones.

Helen thought every day, and had an idea flashing in her mind.

Helen could stand in the toilet for the next 3days.

The next morning the pigeon ame there again.

Helen showed too much pee on the pigeon and because goat pee smells so bad the pigeon ran away from there.

After that Helen was able to eat the sunflower seeds till the end of summer.

| | Comments (0)

Teeth girl Goat Helen fight Cow

One day Helen found some delicious grass in the field.

Helen was eating it`s delicious grass, and she picked out the grass slowly.

Cow living around the field liked the grass.

If cow find their, big body cow will be awesome eat all the fields grass in half a day.

Helen thought, “Can I stop the cows from eating the grass?”

After few days, cow came to the field.

The cow did a cow big size pat on the Helens head

and goat pretend to be dead,

then the cow thought cow had killed Helen

and ran away from the field.

| | Comments (0)

August 28, 2011

レーシック手術その後、明日に向かって前進!

2011年8月28日、手術から2週間目。

いつまでもウジウジしていても、どんどん精神的に追い込んでしまうので、
ノイローゼになる前に、自分の出来ることをしよう!と自分で自分の背中を押した。

まずは、老眼による仕事への影響を考え、老眼鏡を作ることにした。
私の現在の目の状態は、通常の生活では、支障がないレベル。
従って、仕事専用の老眼鏡を作ろうと思った。
丁度、今まで掛けていた眼鏡のフレームが3個余っていたので、
レンズだけ購入すれば、コストを減らすことが出来る。

そこで、以前から気になっていた、栃木県では有名な和光メガネ 西那須野店に徒歩で向かった。

最初から、店員さんには、ぶっちゃけトークで現在の状況を説明し、老眼鏡の必要性を説いた。

すると、以前にもレーシック手術後、乱視が残ってしまったお客様がいた話をしてくださった。
その人は、不完全な手術で、老眼でなく、乱視で現在でもメガネが外せないと言う。

私の老眼鏡を作るに 検眼機に掛けられたら、「こんなに完璧なレーシック手術の目は初めて!」
と、検眼データを見て、言われた。

「どこで、手術を受けられましたか?」と聞かれたので、
「品川近視クリニック」です。と答えると、
「あそこは症例が多いですから、技術がすごい!」と。

さらに、「普通の目(近視遠視のない目)でも、こんな完璧なデータは見たことがありません!」
と言われたのだ。
レーシックの手術自体は、数値的には完璧に成功だったのだ!

これが、第三者から初めて受けた検眼だったので、改めて、品川近視クリニックの技術の高さを
感じたのと同時に、「リスクの少ない高価な治療を受けて良かった」と、初めて思った。

老眼のレベルは、初期段階の1.50になっていた。手術前は0.5程度、手術後は1.0の老眼鏡を
百均で購入して使用していた。

仕事では、細かい作業をしながら、機械の計器の状態を確認しなければない。

従って、メガネを掛けっぱなしで、近くが見えて、やや遠くも見えなければならないので、
遠近両用メガネを選択し、購入するとにした。
すでに、フレームはあるので、レンズ代と加工代で9000円。
是非今日中に納品して欲しかったのだが、
遠近両用メガネは、ほぼオーダーメイドなので納品は一週間後とのこと。

その間、明日からの一週間をどうしようか、考えたが、

浮かんだ答えが、もう一つメガネを作ることだった。
一週間だけのために、メガネを作るの?と思われる方もおられると思うが、
明日から一週間、自分の目に合っていない、メガネを使用して仕事をすると言うことは、
明日から一週間、肩こりと頭痛に悩まされるリスクが高いと言うことで、
5000円掛かるが、本日中に納品できると言うことで、購入した。
フレームは、以前使っていた物を使用する。

とりあえず、自分に合った老眼鏡を手に入れられたので、とりあえずは、精神的にも
安定することだろう。

メガネを作ることが出来たからか、徒歩で家と眼鏡店の2往復(約1時間)歩いたからか、
店員さんにぶっちゃけトークをしたからか、

気分が大分楽になり、明日への希望も持てた、今日の休日でした。(≧∇≦)

| | Comments (0)

レーシック手術は成功、しかし老眼が急激に進んだ!

レーシック手術一週間後、盆休みも終了し仕事に復帰。
職場の仲間にどのように話そうか、楽しみであった。

初日は、若干頭痛がしたが問題なし、しかし2日目から3日間くらいは肩の張りと、
頭痛で、気分が悪くなるほど。頭痛薬を飲んでしのぐ。
これも、メガネから解放される課程なのだからと、自分に言い聞かせる。

が、仕事を始めて3日目くらいから、遠くのものはよく見えるのに、近くのものがぼやけてきた。

そう、老眼が進み始めたようだ。
こんなに急に?「そんなの、聞いてないよー」
確かに、老眼になる可能性が強いのは、手術を受ける前から聞かされていて、
でも、数年間はメガネなしの生活化できるだろう!そんな、生活を夢見ていたのだが、
現実は、数日で老眼はやって来た。
手術後の検診で、医師から「安定するまで、軽い老眼鏡をした方が目が楽ですよ!」
と言われて、百均で老眼鏡の1.00という一番軽い度数のものを購入。

仕事復帰初日から、目の保護のためにと掛けていたのだが、
3日目から、その老眼鏡が手放せなくなった。
さらに、1.00の老眼鏡も合わなくなり、2.00でちょうど良く、3.00はきつい。

私の仕事は、
細かい作業「0.5㎜のプラチナワイヤーを直径1㎜の金具に通す」と、材料を運んだり、
検査機械に入れたりするおおまかな作業の繰り返しなので、その度に老眼鏡を
掛けたり外したり、

これだったら、ずっとメガネをかけ続けた方が楽だった!
その頃から、イライラと怒りがこみ上げてきて、「こんなはずじゃなかった!」
今では、逆に手術したことを後悔する始末。

メガネを外した生活を夢見ていたのだが、わずか10日ほどで、打ち砕かれたのだ。

昨日27日、精神的に不安だったのでクリニックに電話した。
これまでの経過を話し、
「どうせなら、老眼治療(25万円の手術費用が掛かる)を受けたい」と申し出た。
9月4日にクリニックの医師に相談しに行く。

精神的にダメージを受けると、こう考えてしまう。(悪までもイメージ)
「40代に老眼治療が必ず必要になること(手術費用25万円)を踏まえて、クリニックでは、
手術をしていると。」
だから、40代以上の患者は、単価が高くなる可能性を秘めている、金の卵なのだ!
レーシックで32万円、老眼治療にプラス25万円。
私の場合、東京への往復で一日当たり、13000円掛かるから、
手術や検診を受けると、10日くらいは必要。だから13万円は掛かる。
合計70万円 ぼたくりバーのようだ!(失言はわかっていますが、こう叫びたい心境!)

結局、手術失敗のリスクよりも、精神的なリスクが高く、
さらに、費用も若い人の倍掛かることも判った。

だから、レーシックを受けるなら、若いうちに!
特に、めがねのない生活を夢見ているあなたには、そうしていただきたい。


目の前に出した手のひらの手相がぼやけているのが悲しい。

| | Comments (0)

«レーシック手術後の経過